らんちゅうブログ

2018年5月20日 日曜日

本命3号の現在

大関系統魚同士の掛け合わせだった3号は現在プラ船4舟で飼育中です。

一舟あたり70~100匹で飼育していますが、

70匹飼育の舟から綺麗どころを選んでみました。



 

 動画をどうぞ
 

多少の狂いは最初からあった魚が多いのですが、

尾が柔らかいせいか、現状では狂いがやや目立たなくなってきました。


70匹のうちの他の魚達は明らかな芯振りですが、ハネずに置いています。

後は大関系統魚の形質をどの位、どの仔が受け継いで表してくるか?

という事になります。


そんな中、待望の3号メス親が2番仔を産卵しました。

14日産卵。

18日孵化です。

発砲スチロール2箱分卵を絞りました。

約半数は1号と同じ大関兄弟魚2匹の精子をかけました。

残りの半数はこれまで使っていない自家産の雄達をかけました。
 



 

8、000~10,000匹くらいはいそうです。
 


自家産の雄の中では尾形が一番好みだったこの雄の子達が、

2,000~2,500はいると思います。


後は明日位に粘液病が出なければ・・・・・・です。

きっと尾は開く!

だろう!


4号、5号は粘液病で姿を消し、6号は尾が開かずに流しました。


分かりやすく3号の2番仔を4号とします。

 


 


投稿者 石原 | 記事URL

2018年5月11日 金曜日

1号B

本日1号Bの水替えをしました。

粘液病が怖かった舟でホルマリンを加えて飼育して6日が経ちました。

ホルマリンはひれに影響を及ぼす傾向がありますが、

今回は100Lに1mLという低濃度で使用したので影響はないようです。




1号B
動画をどうぞ
 

1号Aに比べるとやや長手になりそうです。

欲目で見ると、大関系統魚である雄親に雰囲気が似ているような・・・・


3号の雌親である大関系統魚の雌のお腹が柔らかくなってきました。

まだ子孫を残せていない雄達を使って、何とか2番仔を採りたいと思っています。


投稿者 石原 | 記事URL

2018年5月 7日 月曜日

残るかな?

1号の雌の卵に自家産系の雄2匹の精子をかけた受精卵を

大関系統魚の精子をかけた受精卵をとして別々に飼育してきました。

2群に分けると1腹なのに2腹って感じです。



1号雌親
 
1号の雌親は自家産の中では秋から一番注目していた魚なのに最近の綺麗な画像がありませんでした。

この魚は4号の親でもあり、4号を産卵後に粘液病で治療が間に合わずに★になりました。

4号・5号の稚魚達も粘液病で全滅しました。


稚魚が粘液病にかかると数時間で全滅します。

かなり消毒はしたつもりですが、まだ足りなかったようです。


現在は舟や用具の消毒はホルマリン、イソジンの順で行い、

最後に塩で良く揉んで洗い流すようにしています。


それでも完全に原虫を退治できているとは思っていません。


粘液病が出た舟に青子を移す時は消毒後にホルマリンを入れる事にしました。

取りあえず100Lの飼育水にホルマリンを1mL入れていますが、

青子になればホルマリンに耐えそうです。(まだ分かりませんが・・・)





の雄親



の雄親

A・Bの仔達はともに魚の出来はよく、秋まで残りそうです。

雄が違うAとBの魚
を秋に比較するのを楽しみにしています。

取りあえず今日はの綺麗どころを動画で撮ってみました。



1号の
動画をどうぞ
 

本命の3号は雌親がかなり歪んでいるので仔達も芯振りや肩が違う魚が多く、

会用魚などは出来ないかもしれません。

ただ今年はどんな魚が出るのか見極めたいので

出来るだけ撥ねないで多くの魚を残すつもりです。

刺しもまだいるよ~

 

なんとか2番仔採れないかな~


 


投稿者 石原 | 記事URL

2018年4月15日 日曜日

大本命魚のその後

4月15日

昨日から大潮です。

我が家は1号の母親の2番仔を雄を変えて採ったのと

昨年採れなかった3歳の雌から採りました。


大関の兄弟魚の3匹の雄達も精子の出が悪くなってきました。

そろそろ限界のようです。


特に一か月前に活躍した素赤の雄は全く精子を出しませんでした。

まともに使えたのはブンブン丸だけでした。

大関兄弟魚同士での採卵は一腹だけになりそうです。

二番仔採りたかった~



さて大本命の卵ですが、水温19℃で5日で孵化しました。

受精率も良く卵の数も多かったのですが、奇形が多く出ました。

半分近くが奇形でした。





これほどひどい奇形魚になると全く泳ぐ事ができません。

水流に流されてひと塊りになっています。

奇形魚を抜き取ろうとすると底を泳いでいる正常な魚も吸い取る可能性があるので、

奇形魚は抜き取らずに放置します。

そのうちブラインかすに埋もれていきます。

バクテリアさえ入れておけば大抵は大丈夫です。
 

 

動画をどうぞ
 

本日の画像です。

3日に産卵。

8日に孵化。

10日の夕方からブラインシュリンプを給餌しています。

正常な魚の数が少なかった分、成長は早そうです。

給餌から今日で6日目ですが、早くも尾が開きかけています。

順調そうです。


絶対に育て上げないといけません。


早急に二舟に割らないといけませんが、空いた舟がありません。

採卵などしようとするから空いた舟がなくなってしまいます。

大潮になるとつい採卵したくなります。


今日の採卵などは絶対に余計な事だったと思います。

へぼ将棋、王より飛車を可愛がり。

例えがちょっと違うか・・・

単なるコレクターです。


とにかく反省です!



 



 


投稿者 石原 | 記事URL

2018年4月 4日 水曜日

大本命魚の産卵

4月3日

2号が産卵した後の舟のようすです。


 

動画をどうぞ
 

産卵が始まり採卵が終わった2号雌は他の舟に移しています。

画像でお分かりのように雄達が本命雌を追っている姿はありません。

この日が大潮の最終日だったのですが、もう一日粘ってみようと一度産卵藻を外しました。

夕方に軽く赤虫を与えて、夜中に寒冷紗を敷き、産卵藻をセットしました。


翌朝、雄達に追われる事もなく本命魚の産卵が始まっていました。
 

今年から産卵藻をステンレス芯の物に替えてみたのですが、特徴があります。


産卵藻の材質が産卵を刺激しているようです。

雌は雄に追われなくてもこの産卵藻の上に乗って気持ち良さそうに産んでいます。

2号の産卵もそうでした。

欠点は卵が付着しにくい事です。

表面がつるつるなので、産卵中の魚の動きで卵が底に振り落とされるようです。


卵の数はやや少ないですが、東西大関兄弟魚である本命雌魚に

それぞれタイプの違う東西大関兄弟魚の雄達を人工授精で掛ける事ができて

大満足です!
 


 
2Lのアクリルピッチャーですが、少量のシュリンプ用として優れものです。

 


投稿者 石原 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒653-0855
兵庫県神戸市長田区
長尾町1-7-14

■最寄り駅
山陽電気鉄道
神戸市営地下鉄 板宿

お問い合わせ 詳しくはこちら